BLOG

ブログ

【海外移住】ブルネイへの移住方法全パターンご紹介☆〜ビザの種類・特徴について〜 海外進出サポート企業株式会社ダズ・インターナショナル

ダズインターナショナルの星野です。
今回は、なんと日本人の数が約200人弱のブルネイの移住方法やビザについてご説明いたします。
「海外移住を検討している方」や、「海外移住を全く考えていない方」にも、参考となれば嬉しいです。
ダズ・インターナショナルと一緒に将来の移住計画を立てましょう。

■シンガポール移住はこちら■

ブルネイ移住 – ブルネイってどんな国?

ブルネイ(ブルネイ・ダルサラーム国)は「永遠に平和な国」という意味を持っています。
ブルネイは、東南アジアのボルネオ島北部に位置し、国土の三方をマレーシアに囲まれています。

ASEAN諸国の中でシンガポールに次いで2位というGDPの高さを誇るブルネイは、天然資源が豊富で生活水準も高く、国民が安心して暮らせる国として有名です。

日本からの直行便は運航していないため、訪れる時は、マレーシアやシンガポールなどで乗り継ぎを行うのが一般的です。

<教育>

天然資源で潤っているブルネイは、公立学校の学費が無料です。教育費が9年間も無料の上に、ブルネイ人大学生には毎月約29000円の奨学金が配られ、海外の大学に進学しても奨学金があります。

<文化>

そして、ブルネイでは国教がイスラム教徒のため、さまざまなルールがあります。戒律が厳しく娯楽も少ない、そして経済が豊かなため、ブルネイには大きな犯罪がなく、夜は女性も出歩ける安全な国というわけです。

ブルネイを観光する場合(特にモスクを観光する際)、女性は肌の露出なども控えた方が良いでしょう!

国の特徴としては、ブルネイは「お酒は飲めない」「娯楽の店は少ない」国です。
宗教上の理由で、お酒は販売されておらず、そのためお酒を呑むお店や、いわゆる夜の娯楽店がありません。
また豚肉も禁止されているので、これらが好きな人には移住は難しいかもしれませんね。

ブルネイ移住 – 入国情報/ビザなし入国

新型コロナの影響で各国入国に制限があるなか、ブルネイへの入国にはどのような影響があるのでしょうか?

現在残念ながら、観光目的での外国人は入国不可となっています。

商用は個別審査の上で入国可否が決定されるようですので、可能性はゼロではありません!

重要なビジネス(公務含む)、学生、医療目的滞在者、ブルネイ在住者の両親・配偶者・その他近親者で特別な配慮が必要な者は、ブルネイ入国者向けトラベルパス(ETP)を必ず取得する必要があり、こちらの発給可否は関係機関により個別に検討される仕組みとなっています。

条件:入国後の隔離期間は2~14日間

▼トラベルパス(ETP)制度のガイドライン

ブルネイへの入国には基本トラベルパスというのが必要となります。詳細は以下を参照ください。

1.日本出発の8日前までに、ブルネイでの受け入れ企業、組織または家族が対象の政府機関に申請し、申請者が対象政府機関からの書類を取得。

2.旅券、フライトスケジュール、受け入れ企業、組織または家族署名の書類(隔離期間中の宿泊費とPCR検査費を自己負担する承諾、健康診断書、渡航前14日間は日本にいたことを証明するもの)および隔離宿泊施設の予約が必要。

3.受け入れ企業、組織、家族は最低6泊分の隔離宿泊施設を、申請に記載されたホテルの中から選択し予約する。

4.渡航者は、出発前72時間以内に日本の指定機関でSARS-COV-2 RT-PCR検査の陰性証明書の取得が必要。

5.受け入れ企業、組織または家族は、渡航者の到着前に、到着後のRT-PCR検査費用を支払う必要がある。

6.渡航者は出発前にBruHealthアプリ(接触者追跡アプリ)をダウンロードし、受け入れ企業、組織または家族は到着時すぐに同アプリが使用できるよう、ブルネイ国内用のSIMカードを用意する。

7.ビザが必要な場合は別途申請が必要。

▼航空機運航状況
現在、成田からの直行便は無し。
現在ブルネイに行くには、クアラルンプール、シンガポール、メルボルン、香港、杭州、マニラ経由となる。(ロイヤルブルネイ航空)

ビザなし入国は?

現状は新型コロナウイルスの影響で、入国に制限がありますが、いままではブルネイには、ビザなしで、14日間滞在が可能でした。

<取得条件>
・出国用航空券の所持
・滞在費の証明
★観光目的での滞在延長は原則的にできません。

また、以下に掲げる目的のためブルネイに入国する場合は、14日以内の滞在であっても、入国査証の取得が必要

(1)報酬を得るための就職、自由職業もしくは他の生業を営み、芸能
(あらゆる種類のスポーツを含む)に従事する場合
(2)学術的研究・調査及びその成果の公表
(3)布教を含む宗教活動
(4)映画撮影

ブルネイ移住 – 短期で滞在する/訪問査証

訪問査証では、最長3ヶ月滞在が可能です!
専門家およびビジネス出張者用と一般訪問者用の2種類があります。
発給料はシングル20Bドル、3ヶ月マルチプル50Bドル。

<取得条件>
・必要書類は訪問先の招聘状
・写真2枚などが必要となります

ブルネイ移住 – 学生になる/学生査証

ブルネイは英語を学ぶ環境としてもぴったりです。
公用語はマレー語と定められていますが、英語は広く通用しており、
また中国語もある程度用いられているようです。
1カ国でさまざまな言語に触れられる国と言えます。
そんなブルネイに留学するには、学生ビザが基本必要となります。
★ブルネイ現地の留学が決まっている学校から、ブルネイ現地のイミグレーション(出入国管理局)にビザ申請を行ってもらいます。
※詳しくはブルネイ大使館への確認をお勧めします。
<取得条件>
・申請にはブルネイ教育省からの認可レターが必要
・査証申請料は15Bドル
※ブルネイでは申請手続きがスムーズに進まないことが多いため、余裕を持って申請をすることを推奨します。

ブルネイ移住 – 働く/労働許可証・就労査証

日本人でブルネイに就労する理由としては、
・英語も学べる環境で働きたい
・のんびりとしたとこで働きたい
日本からそんなに離れていない海外で働きたい
といったことが多いのではないのでしょうか?
ブルネイで働くには、労働許可証の取得が必要です。
●有効期間は2年で更新可能。
●雇用される場合の労働許可証(雇用パス)は受け入れ企業または現地の身元引受人が
労働局に申請。
●労働許可証発行後、労働局は移民局に推薦。
●就労する本人は在日大使館にて就労査証(発給料20Bドル、3ケ月有効)の発給を
受けると共に、労働許可証(雇用パス)を持参して入国。
※就労査証所持者の家族は「扶養家族用の滞在許可証」を取得し家族査証での入国が必要。
※就労査証所持者とその18歳以上の家族は、入国時または1週間以内に血液検査を
受ける必要がある。
<外国人就労について>
ブルネイは労働者の3分の1は外国人であるために、外国人就労については比較的容易。
またシンガポールとマレーシア国籍の人は就労査証・労働許可証の取得が免除されます。

ブルネイ移住 – 滞在許可証

3ケ月を超える滞在は、入国後に移民局へ出頭し、目的に応じた滞在許可を得る必要があります!その滞在許可証の特徴は以下!
●滞在許可証の有効期限は1年
●1年毎の更新が必要
申請が認められると身分証(IDカード)※次のページにて説明 が発行されます。
申請には所定の申請書と滞在目的を証明する各種関連書類が必となります。

ブルネイ移住 – IDカード/Smart Identity CardSmart Identity Card

■イエローカード
市民用の黄色いIDカード。
■パープルカード
永住権所持者用の紫色のIDカード。
■グリーンカード
滞在許可証所持者用の緑色のIDカード。発給料20Bドル。
ブルネイの身分証には3種類あります。
黄色…ブルネイ国民
赤色…ブルネイに永住権を持つ
緑色…外国人労働者
色によって、教育費や医療費の支払いに違いが出てきます。
そして、天然資源に依存しすぎており、国の労働者も1/3が外国人労働者という実情に、これからのブルネイ経済を不安視する声も多いのが事実とのことです。
それを解消するため、ブルネイでは「エコツーリズム」という「観光業」や、「企業家」を増やそうという試みや経済多様化を目指し頑張っているところです。

< 参考>

※こちら資料の情報は変更する場合がございますので、ご了承ください。
詳細につきましては、上記のリンクからご確認いただくことをお勧めいたします。
※現在、新型コロナウイルスの影響で渡航やビザ申請の制限がある場合がございます。
詳しくは上記リンクのサイトや「ブルネイ日本国大使館」などの情報をご確認ください

海外進出サポート企業:ダズ・インターナショナルの活動

これからは、好きな場所に住みながら仕事を続けていく時代がやってきます。

ダズ・インターナショナルは、

  • グローバル展開サポート事業
  • オンライン展開サポート事業
  • クリエイティブ事業

この3つを柱に事業を行っています。

海外でのビジネス、海外への移住、オンラインマーケティングにご興味があるかたは是非お気軽にご相談ください。

ホームページの【問い合わせ】もしくは【チャットボット】から無料で質問も承っております。

弊社は、<誰にとっても分かりやすい説明>を心がけていますのではじめての方もご安心ください。

また、弊社Youtubeでは海外進出や海外移住に必要な情報を分かりやすく解説していますのでご興味のある方はぜひご覧ください☆

リンクは下に貼っておきますね。

海外進出Youtube

最後まで読んで下さりありがとうございました!

ホームページ

https://does-inter.com/

問合せ

https://does-inter.com/contact

Youtube

https://www.youtube.com/channel/UCnuO2LxejM2ZCvMMn2OTzEA

Facebook

https://www.facebook.com/DOESiNTERNATiONAL

■DOES-iNTERNATiONAL概要■

私たちは遊牧民のようにその場所の文化と栄養を食い、吸収しながら働き、遊ぶ組織です。

私たちはひとつの場所や価値観に固執しません。
世界も私たち自身も日々確実に変わり続けています。

これからは世界がひとつになります。
本当にグローバルな世界がはじまります。
その場に留まらず、固執しない遊牧民の私たちだからこそ、できる提案があると考えます。

私たちは新しい取り組みを行う企業や個人に役立つ企業で在りたいと思います。

❖ BUSiNESS Contents
● コンサルティングサポート(プロジェクトマネージメント・フィジビリティスタディ)
● マーケティングサポート(Web・SNS・インフルエンサーを利用したWebマーケティング・海外テスト販売・プロモーション)
● グローバルエージェント(SNS運用代行・EC運用代行・販路開拓・翻訳・通訳・申請/手続き代行・オンライン集客代行)
● クリエイティブ(EC・多言語化サイト・LP/ほか各種サイト制作・システム開発・スチール/動画撮影〜編集アニメーション制作)

❖ Global Area
アメリカ・タイ・ベトナム・シンガポール・マレーシア・カンボジア・フィリピン・インドネシア
中国・台湾・香港・韓国・インド・ミャンマー・バングラディシュ

一覧に戻る

CONTACT

海外進出のご相談・お問い合わせはこちら

まずはお気軽にご相談ください。
協業に関するお問い合わせはこちら

フォームから
ご相談・お問い合わせ