I・You・We

【1/19】

日本から海外へ、海外から日本へ。

私たちはその中間を担う働きをしています。

うまくいくケース・うまくいかないケースを比較すると

それはとってもシンプルで、


IYouWe

主語が誰から始まるかどうかがとても重要です。

誰にとってのどんな話なのか。

そこでほとんどが決まります。

例えば日本の企業がベトナムで、ある商品の海外販路を探している場合、



「私はベトナムでこの商品を売って儲けたい」

「あなたにこの商品をベトナムで売って儲けてもらいたい」

「私たちで一緒にこの商品をベトナムで売って儲けましょう」

どのスタンスかで決まります。

これは恋愛や結婚で例えると、さらにわかりやすいかもしれません。

どんなプロポーズがいいと思いますか。



「私は幸せになりたい、結婚しよう」

「あなたに幸せになってもらいたい、結婚しよう」

「一緒に幸せになろう」

ビジネスも、幸せも、一緒にが前提です。

相手にとっての利益、自分の利益を机の上に並べて、

その商品・サービスを提供することの価値・意義を一緒に話し、考える関係が

パートナーとしての前提であり、もっとも重要です。



私たちはIYouの真ん中に立つ、Weをつくる手伝いをします。