貢献と好感

海外進出を考える企業から日々、ご相談をいただく中でいつも考えさせられることです。

私たち海外進出支援という立場はどんな存在でいるべきか。




クライアントの要望を叶えることが商売です。

しかし言うまでもなく、私たちの仕事はご機嫌取りで好感を得ることではなく、

実質的な貢献でなければなりません

今、目の前の人が笑ってくれること。

それはもちろん、嬉しいことです。



しかし、本当に喜んでいただくためには笑顔だけではダメですよね。

渋い顔も、キツい顔も、時には怒ったような顔も必要だと思います。

クライアントにとって、私たちは

“良い人”ではなく、”使える人”で在るべき。

シンプルに「こいつら、使える」「便利」という存在で在るべき。



そんな言葉をクライアントが浮かべてくれたら最高です。

好感もあり、貢献もあるのがもちろん一番ですが、

気をつけなければならないのは、

好感は、与える側にも与えられる側にも一定の心地良さがある」ということです。

その心地よさは人間関係の最も危険なところだと思います。

そのことが“本当に必要なことは何なのか“という道から外れてしまう要因にもなります。

ミッションは貢献。

好感は二の次です。

「もし好感を持ってもらえたらラッキー」

それくらいのスタンスがちょうどいい。

そんなことを考えながら、その2020もあと1ヶ月。

2020はすごく考える機会を手に入れられた1年



きっと、この2020年を良い年だったと言うのはやめておいた方が良いでしょう。

それは自粛しますが、”意味のあった1年だった”とは胸を張って言えるような年納めにしたいと思います。