FIRE-コロナが後押しした新しい世界の選択肢-

早期リタイアを実現する「FIRE-Financial Independence, Retire Early-」が流行ってると言う話。


かなり興味深い。

FIREという言葉を知った時、”早く仕事から解放されたい人の思想”だと思っていたが、色々と調べたりしてみるとそういうわけでもないようだ。

私の知っていた早期リタイアという概念は、かなりお金に余裕があり、金勘定なんてあまり必要のない人の選択肢だったが、FIREはそれとは違い、かなりの金勘定と結構ちゃんとした計画力が必要なライフスタイルのように感じる。


このコロナがある種の引き金になり、豊かさを探していく働きの中にこのFIREもあるんだろう。

お金持ちにしか得られない選択の自由だと思い込んでいたものは、実はそんなこともないことがわかってくる。


そしてここに”海外”というチャンネルを絡めると、実は結構多くの選択肢があることがわかる。

豊かさや選択肢は、こういった考え方(考え型)によって掴みやすくなる気がしている。

もちろん逆も然り。


今の自分で手に入る。
手を伸ばせば、少しだけ背伸びをすれば手が届く。

誰かを羨んだりしているほど人生は長くないし、暇でもない。

自分を豊かさの形を世界全体をステージ候補として考えてみると、居場所はあるはずだ。


大変なのは居場所を見つけることよりも、その居場所の居住権を獲得できるか。