変われることは弱いことか。 はたまた強いことなのだろうか。

2020年コロナウィルスにより、”変化しなければならない状況“が続いている。

これまでの商品・サービス、ビジネスモデル、働き方、そして働くマインド・理由。

その全てを短期間で変わらなければならない事態になった。


私たちは昨年から変化を繰り返している。
良い変化か悪い変化かは今決められることではないが、変わり続けることに躊躇せず、まさに遊牧民のように自分達の居場所を探し続けている。

私たちの会社の理念 “遊牧民のように” は、ある意味で”理念を持たない”という意思表示だ。

躊躇せずに変われるのは、変わっても変わらないものを持っている、持ち続けていける確信がないとできない。


私たちは変わり続ける。
時代も人も自分も、常に変わり続ける。

だから変わり続けるという姿勢はとても自然なことだ。

海外進出という行動は、色々なことが大きく変わることでもあるが、その根底には変わらない何かがあって成り立つものなんだと思います。


今月からまた、変わります。
新しいスタッフが加わり、新しい味が加わり、新しい会社になります。

今後とも宜しくお願いします。